トップメッセージ

代表取締役社長 檜垣 周作

日頃より弊社へのご支援ならびにご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。この度代表取締役社長に就任いたしました檜垣周作でございます。

2018年8月、「食のバリューチェーンのグローバルリーディングカンパニーになる」という目標達成に向けて、外食事業から始まった当社グループに、流通・生産事業を中心とするJFLAグループが加わり、共に歩み出すことになりました。

これにより、当社グループの3つの事業、1つ目の事業は、焼肉や焼鳥、ラーメンや洋菓子と幅広い業態のフランチャイズ及び直営店を国内外で展開する販売事業、2つ目の事業は、欧州・北米を中心に展開する食品等卸に加え国内における業務用総合食品商社や輸入食品酒類販売商社等を営む流通事業、3つ目の事業は、醤油などの調味料・飲料・日本酒・乳製品等を製造する生産事業、これら3つの事業を有機的に結び付けることで高い収益性をもたらし付加価値を生み出す体制が整いました。

当社グループは、引き続き、4つの戦略「既存ブランドの競争力強化と成長」、「ブランド・ポートフォリオの多様化」、「海外市場への進出」、「食品生産事業と六次産業化への取り組み」の各課題へ積極的に取り組み、2021年3月期には、売上高1,000億円、営業利益36億円、国内外店舗数1,500店舗体制への成長、また、自己資本比率30%、有利子負債のEBITDA倍率5倍以内を目標に財務の健全性を重視した上で、事業規模の拡充をいたします。

また、引き続き株主に対する利益還元を経営の重要課題の一つとして認識しており、安定的な経営基盤の確保と株主資本利益率の向上に努めるとともに、経営上可能な限り最大の範囲で配当を行うことを基本方針としております。更なる事業成長を実現し、業績に応じた配当並びに株主優待制度の充実を図ってまいります。

今後も、「食」を軸に、多面的、多層的に収益を上げ、グローバルに戦えるバリューチェーンを確立し、和食の持つ「歴史」「伝統」「文化」「技術」を後世に承継することをミッションとして、事業の発展成長とともに社会に貢献出来るグループカンパニーとなることを目指してまいりますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

以上

会社情報
ニュースリリース
CSR情報
株主・投資家情報
採用情報
お問い合わせ
電子公告
物件募集
免責事項