中期経営計画

※2017年11月27日公表の新中期経営計画~Gloval Value Chain 2020~にはジャパン・フード&リカー・アライアンス株式会社の完全子会社に伴う業績は考慮されておりません。
今後、同計画の基本方針や定性情報などは踏襲しつつも、3ヵ年の定量情報を中心に必要な改訂を行い、新中期経営計画を公表をする予定です。

2021年3月期の経営目標

2021年3月期の経営目標

2021年3月期には、売上高1,000億円、営業利益36億円(営業利益率3.6%)、国内外店舗数1,500店舗体制の達成を目指します。
また、自己資本比率30%、有利子負債のEBITDA倍率5倍以内を目標として財務健全性を重視しつつ、事業規模の拡充による成長を目指します。

株主還元方針

株主に対する利益還元を経営の重要課題の一つとして認識しており、安定的な経営基盤の確保と株主資本利益率の向上に努めるとともに、経営上可能な限り最大の範囲で配当を行うことを基本方針としております。
新中期経営計画において更なる事業成長を実現すると共に、業績に応じた配当並びに株主優待制度の充実を図ってまいります。

今後のグループマップ

今後のグループマップ

新中期経営計画~Global Value Chain 2020(2017年11月27日公表)

1.期間

2019年3月期 ~ 2021年3月期 ( 2018年4月1日~2021年3月31日)

2.基本方針

国内外市場における「食のバリューチェーン」機能の更なる拡充と高付加価値化の実現

  1. 販売・流通・生産3機能が相互にValueを発揮する事業ポートフォリオ構築
  2. 海外市場における「食のバリューチェーン」事業の拡充
  3. 六次産業への本格参入と事業モデルの構築
  4. 2021年3月期に連結売上高650億円(内、海外売上比率20%超)、連結営業利益24億円(営業利益率4.0%を

3.定量目標

定量目標

業績及び新中期経営計画数値推移

業績及び新中期経営計画数値推移

4.定性情報

(1)販売事業

  • 高い成長性と収益性を兼ね備えたブランド・ポートフォリオの戦略的構築
  • 新規業態の参入と拡充~高付加価値業態とカジュアル業態の強化
  • 海外進出(国内ブランド)と国内参入(海外ブランド)の国内外双方の展開を推進

(2)流通事業

  • 国内外のグループ店舗網を有機的に結び付けるサプライチェーンの構築
  • バーチャルレストラン業態とデリバリー業態への新規参入
  • 海外事業部門の拡充~英国から欧米市場への業容拡充

(3)生産事業

  • 乳製品分野の商品開発並びマーケティング強化による付加価値化の実現
  • 日本の伝統的な食材、消費財の国内外における製造・販売体制の構築
  • 六次産業化ビジネスの展開

5.株主還元

業績に応じた配当並びに株主優待制度の充実を図ります。

今後のアスラポート・ダイニングが目指すもの(1)

中期経営計画

今後のアスラポート・ダイニングが目指すもの(2)

中期経営計画

今後のアスラポート・ダイニングが目指すもの(3)

中期経営計画
会社情報
ニュースリリース
CSR情報
株主・投資家情報
採用情報
お問い合わせ
電子公告
物件募集
免責事項