4つの戦略

4つの戦略

1. 既存ブランドの競争力強化と成長

既存ブランドについては、品質とサービスの継続的な向上への取り組みに加え、市場や立地、顧客ニーズの変化に応じた業態のリモデルを行います。メニューや価格設定、店舗デザインなど多角的な取組を進めます。
また、店舗開発・加盟店開発の強化により積極的な出店を実施します。

2. ブランド・ポートフォリオの多様化

居酒屋、焼肉などのディナー業態に加え、昼業態のブランドの展開にも注力、多様化するライフスタイルとそれに伴う食のニーズに対応していきます。
また他社ブランドのフランチャイズ本部構築、展開支援(アライアンス事業)にも注力し、展開ブランドを増やしていきます。

3. 海外市場への進出

国内の成熟市場に比較し、アジアを中心とする海外市場は今後数十年の間に中間所得層が大幅に増大すると見込まれており、それに伴って外食へのニーズは飛躍的に高まると見られています。
また、欧米も日本食への需要が増大し、今後ますます市場の伸びが予測されます。アジア欧米など海外展開を行い、潜在力の大きな市場の獲得に取り組みます。

4. 食品生産事業と六次産業化への取り組み

乳製品の製造・加工事業を活かし、自社ブランド商品の開発、販売を強化します。自社業態での使用はもちろん、他の事業者への外販、コンシューマー向け商品の開発にも注力し、中食、内食マーケットもターゲットとして取り込んでまいります。

会社情報
ニュースリリース
CSR情報
株主・投資家情報
採用情報
お問い合わせ
電子公告
物件募集
免責事項